ホーム > 不動産を買うときにはまりやすい9つのワナ

不動産を買うときにはまりやすい9つのワナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産の購入は、人生で一番大きな投資です。だからこそ、正しい判断を下すための知識が必要になります。正しい判断を下せなかった場合・・・

  • 必要以上の金額を支払ってしまう
  • 欲しい物件を別の買い手に買われてしまう
  • 実際の生活する上で使い勝手の悪い物件を買ってしまう

などが起こりえます。ここでは、上記のような失敗をしないために、不動産を買うときにはまりやすい9つのワナをご紹介します。

1. 盲目のワナ

販売価格は高すぎるのか?それとも、お買い得なのか?最新の不動産マーケットを知らずに不動産を買うのは、目隠しをしたまま物件を選んでいるようなものですマーケットの知識なしに物件探しをすると、必要以上の金額を払ってしまったり、ものすごくお買い得の物件を簡単に見逃してしまったりします。不動産のスペシャリストであるREALTOR®は、各エリアの販売履歴と、現在の売り出し物件の情報などを持っていますので、気軽に聞いてみるのが一番の近道です。

2. まちがえ物件のワナ

「どんな物件が欲しい?」 これって、とてもシンプルな質問ですが、答えは人により実に多様で複雑です。買い手は、感情的に物件を気に入り、購入を決めてしまうことが多々あります。しかし、実際に購入したあとに、「うちの家族にはスペースが狭すぎる」、「思った以上に通勤に時間がかかる」、「思いもよらなかった修繕費が必要になった」など、実際のニーズとのギャップによって購入前の期待が裏切られる結果になることもあります。そのため、物件探しをする前に、あなたの住まい(投資の場合、不動産)に対するニーズを思いつく限り箇条書きにし、書き留めておくことをオススメします。そして、各物件を見学に行く際に、各物件がそれらのニーズを満たすことができるか、個別にチェックするようにしましょう。

3. 登記のワナ

物件に抵当権が設定されている可能性があることはご存知ですか?抵当権とは、不動産を担保に保障されている債権、いわば「借金」です。この抵当権は不動産に対して設定されるため、不動産の所有者が変わってもそのまま無くなることはありません。BC州の不動産はランド・タイトル・オフィス(Land Title Office)という行政機関によって、所有権の管理がなされています。あなたが購入を考えている物件の所有権や抵当権も、ランド・タイトル・オフィスでタイトル・サーチ(Title Search)をすれば一目瞭然です。早い段階であなたのREALTOR®にタイトル・サーチを依頼し、所有権と抵当権を確認しましょう。もし、抵当権が設定されている場合は、あなたに所有権が移る前に売り主にすべての抵当権を抹消してもらう必要があります。

4. 調査ミスのワナ

実際に物件を購入してから、実は自分の家のバックヤードだと思っていた半分は隣の敷地だった・・・ということになったらガッカリですよね?購入を考えている物件の土地のサイズ、隣の敷地との境界線などが、最新の調査結果に基いてアップデートされているかどうか必ず確認するようにしましょう。

5. コンディションのワナ

物件の状態(コンディション)について、売り主から伝えられたことをそのまま鵜呑みにするのは絶対にやめてください。売り主は、物件の短所について隠そうとしたり嘘をつく場合があるだけでなく、売り主でさえ物件の重大な欠陥を知らない場合もあるからです。早い時点でプロの検査士(インスペクター)を雇い、客観的かつ専門的な意見を得ることをオススメします。

6. 予算のワナ

住宅ローン(Mortgage)の事前審査(Pre-Approval)を受けずに物件探しを始めてしまった場合、実際に欲しい物件が見つかっても予算不足で買えない、という状況になることが多々あります。物件を探し始める前に、必ず事前審査を受け、自分の予算を知っておきましょう。自分の予算を知っていれば、「この価格ならば絶対に買える」という自信を持ちながら心地よく物件探しをすることができます。

7. クロージングのワナ

契約が完了する前に売り主が契約内容を変えようとしたり、契約内容に従わなかった場合、契約の完了(クロージング)が大幅に遅れる可能性があります。たとえば、売り主が引き渡し日の直前になっても、口頭で同意したはずの修理を行わなかった場合や、何らかの理由で売り主が引き渡し日を変更しようとした場合などです。これらは、ほとんどの場合、売り主と買い手のコミュニケーション不足が原因で起こります。どんなに些細なことだと思っても、契約完了日から十分に余裕を持って、事前に売り主から書面にて合意を得ることをオススメします。

8. 隠れた費用のワナ

不動産の購入にはさまざまなコストがかかります。購入手続きが完了する直前になって、実際の支払い金額にド肝を抜かされないように、事前にすべてのコストを把握しておきましょう。主なコストについては当ウェブサイトの家を買いたいのページにも記載していますが、個別にREALTOR®または購入手続きを代行する弁護士/司法書士に問い合わせることをオススメします。

9. 焦りのワナ

不動産購入の手続きは、複数のプロフェッショナル(REALTOR®、モルゲージブローカー、金融機関、物件検査士、物件査定士、司法書士など)が関わり、複数の書類を要するとても複雑なプロセスをたどります。このプロセスを焦って突っ走ってしまうと、契約書の重大な文言を見逃してしまったり、ミス表記に気づかず後々取り返しのつかない結果になりかねません。各書類には十分な時間をかけて一通り目を通し、分からない部分は各プロフェッショナルに必ず質問するようにしましょう。

家を買うお問い合わせフォームはこちら

お名前 (必須)

電話番号 (必須)
- -

メールアドレス (必須)

価格帯 (必須)

ご希望のベットルームの数 (必須)

希望エリア (必須)

ご希望の家のタイプ

ご希望の広さ(SqFt)

その他ご希望・コメント

引越し(購入)希望日

お客様の声を読む
新築物件情報
  • twitterTwitter
  • facebookFacebook
  • BloggerBlogger
  • LinkedInLinkedIn
Sayaka Takahara
Skypeとは?Skype