ホーム > 購入者様: Y.M. 2015年1月

購入者様: Y.M. 2015年1月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が高原さんに初めてコンタクトを取ったのは、お目当てのコンドミニアムのオープンハウスがちょうど前日に迫った、ある夏の日でした。私が目を付けていた物件の前で、偶然看板を目にして、オープンハウスが近づいているという事に気づいたのです。こんなに差し迫った案件に迅速に対応してくれるリアルターさんが、バンクーバーにいるのだろうかと半信半疑でしたが、とりあえず、私はネットでバンクーバーのリアルターさんに関するサーチをしてみました。そうすると、彼女に関する良さそうな口コミ記事が見つかったのです。そこで、慌てて彼女にメールでコンタクトを取りました。驚くくらいすぐに彼女からの返信が届き、何度かメールでやり取りしました。数時間後には翌日行われるオープンハウスへのアポイントをきちんと入れてしまうあたり、タダ者ではない事が想像できました(笑)ファーストコンタクトから12時間後のアポを入れ、「明日必ず私もその場に同行します。」とおっしゃったので迅速に段取りを行い、即行動にうつせるという点から考えても、彼女は仕事が早く、とても熱心で、信頼に値する人だと感じました。
そして、オープンハウス当日、彼女の笑顔を一目見て、私の考えに間違いはなかったと確信しました。初めて人に出会って5秒程度の印象で全てが決まるという説がありますが、あれは、あながち嘘ではないと私は思います。そして、これはあくまでも個人的な見解ですが、初対面の印象や直観を信じて行動した方が、チャンスロスをして後悔する事は少ないのです。今までに自分が経験したケースに過ぎませんが、何事に関しても物事を決断する時に、色々考えてから行動したケースと、直観を信じて即行動したケースでは、結果はさほど変わらないという事が多かったのです。むしろ、あれこれ悩む時間が無駄で、躊躇しているうちに、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまった事もありました。ですから、人に対してだけでなく、物件選びも、ファーストインプレッションが大切だと信じていましたし、その通りに行動するように心がけていました。そして、今回の不動産購入に関しても、やはり、直観に従い行動する事で、勝利する事が出来たのです(笑)。彼女とその物件に対して好印象を感じた私は、すぐにその場でオファーを入れました。相手のリアルターはそれほど印象が良くありませんでしたが、全てにおいて満足する物件はないだろうと、多少は目をつぶることにしました。他の見学者達もいましたが、彼らは即決断する事は出来ず、躊躇していた為、この物件を購入する機会を失ってしまったのだと思います。オファーを入れた時点で他にテーブルに乗っているライバルがいないという事実は強みになると、彼女も背中を押してくれました。そこで、彼女のアドバイスに従い、言い値よりも安くオファーを入れました。オーナーは同じ額のカウンターオファーを返して来たりして、一時は契約が流れてしまうのではないかと、ハラハラする事もありましたが、彼女は冷静に相手方の心理状況等を功名に読み取り、もう少し交渉してみましょうと強気で粘ってくれました。何度かのやり取りの末、売り出し価格よりも、減額して購入する事に成功しました。そして無事、念願の物件を、購入希望日までに受け渡ししてもらえる様に、最高の形で契約に結び付けることが出来たのです!
結論から言わせて頂くなら、私の第一印象は概ね当たっていました。相手方のリアルターに対するあまり良くない印象も見事に当たっていたので、契約時にギリギリまでハラハラさせられる等、少し残念な出来事がありました。自分の直観に従って即断即決だった為、慎重さにかけており、細かい点での失敗はあったかもしれませんが、トータルで考えれば万事オッケーであり、現在もなおこの物件を購入した事を後悔はしていませんし、むしろ満足しています。本物件は、築年数が20年程度の為、水回り等それなりにガタはきているけれど、日当たりが良く、広々しているし、立地条件は最高、安全で、衛生的、充実した設備、ダストシュートがある点等、便利で快適です。基本的には全てが及第点でとても気に入っています。

彼女に関していえば、まさに第一印象通りの人で、最初から最後まで本当に素晴らしい仕事をしてくれました。英語力の足りない私の為に、不動産購入時だけでなく、信じられない位手厚いアフターケアで、痒い所まで手が届く仕事ぶりでした。彼女を知るにつれて、日本で自分が仕事をしていた時に出会っていた、リクルート社の営業担当者達に似ていると感じました。それもそのはず、後で気が付いたのですが、彼女はやはりあのリクルート社の有能な営業部隊出身者だったのです。リクルート社の人材教育力が素晴らしいのか、もともと彼女自身が素晴らしいのか、その両方なのかはわかりませんが、優秀な船頭である彼女のおかげで、まさに大船に乗った様な気持ちで、この不動産購入という大掛かりなイベントを乗り切ることが出来ました
入居後に工事を手配する時も、良い業者さん紹介して頂いたり、水回りのトラブルがあった時にも、私の代わりになって、ストラータやマネージャーに交渉してくれたりしました。本当によく気が付き、親切で、しっかりしているので、まるで頼りになるお姉さんという感じ(私より全然若いのですが)なのです。我が家の息子は高原さんの息子さんと、年が近く、とても気に入っているので、家族ぐるみで末永くお付き合いしたいと心から願っています
ちなみに、相手方のリアルターは契約の日や鍵の受け渡しの日すら挨拶にも来なかったので、初日以来一度も会っていません。しかも、相手側のリアルターはまともに連絡が取れないばかりか、鍵の残数や水漏れ事故の有無等についても適当な回答が多く、契約書類上にも虚偽があった事が後から判明しました。それについて、いちいち騒いだりはしませんが、やはり最初の印象は当たっていたなと感じました。信頼に値するかそうでないかは、相手が話している言葉の意味が全て理解できなくても、その目をみれば分かるものです。
私が今回学んだ事は、アバウトな仕事をする人がスタンダードなこの社会では、彼女の様な方に出会える確率はとても低く、もしかしたら、宝くじに当たるよりも難しいかもしれないという事です。私は本当に運良くこのバンクーバーで、同じ日本人同士、同じ言語で通じ合える、彼女の様な人に出会えた奇跡に感謝しています。
彼女の様なやり手のエージェントは引く手あまたで、これからますますご多忙になられ、手が届かないところまで階段をかけあがってしまうかもしれませんが、もし、叶う事ならば、私の不動産契約日にでも、我が家でホームパーティーにご招待し、自慢の手作り梅酒とお料理で、おくつろぎ頂けたらと願っています。
最後に、今回の不動産購入で彼女が紹介して下さった、ブローカーの浜野ハイジさん、司法書士の吉田先生等、有能な日本人の方々がバックアップして下さったので、とても心強かったです。そして、彼女のビジネスパートナーであるサイモンさんには、息子のベビーシッターまでして頂いて、大変お世話になりました。今回お世話になった素晴らしい方々には、大変感謝しております。これをご縁に末永いお付き合いをお願いしたい様な素晴らしい方々に出会えて、私は本当に幸運でした。
この度は本当にありがとうございました。 
お客様の声を読む